TOP > PDFデータ入稿

オリジナル卓上カレンダー「PDFデータ入稿」について

オリジナル卓上カレンダー屋さんでは、PDF作成・変換ソフト「いきなりPDF」を使って作成されたPDFデータ入稿でもご注文いただけます。

「いきなりPDF」を使うと、作成されたWordデータをお客様がPDFデータに変換し、ご入稿いただくことができます。
※Wordデータテンプレート・ページ設定・Wordデータ入稿についてはこちら
※「いきなりPDF」はソースネクスト株式会社(http://www.sourcenext.com/)の製品です。

PDFデータ作成の手順

1)テンプレートを使って作成されたWordデータを開く
2)プリンタ名「いきなりPDF」を選択し、「プロパティ」をクリックする
3)「プロパティ」にある「新規設定」をクリックする
4)「設定」の各タブを設定する
5)設定ファイルを保存する
6)保存したファイルを選択する
7)PDF変換を開始する

 

PDFデータ(いきなりPDF変換データ)のご留意事項

●色合いについて(RGBとCMYK)
●透過効果等の使用について
●当社確認資料のご送付について
●校正データ作成後の見積もりについて

 

PDFデータ作成の手順

※サンプルのWordデータは、用紙の端まで色塗り部分があるかたちで表示しています。
(断ち切り用(塗り足し)サイズ(=用紙サイズ)まで塗り足しあり/表示されている上下左右3mmは、断裁時に切り落とされます。)

 

1)テンプレートを使って作成されたWordデータを開く

[ファイル]メニュー→[印刷]を選択
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

2)プリンタ名「いきなりPDF」を選択し、「プロパティ」をクリックする

卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

3)「プロパティ」にある「新規設定」をクリックする

卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

4)「設定」の各タブを設定する

◆一般タブ

・PDFのバージョン:PDF1.4
・文中のURLにリンクをつける:チェックを外す
・サイズ指定:幅180×高さ138
※ 断ち切り用余白(塗り足し)が必要なため、下記サイズ(単位mm)で指定ください。
(表示されている上下左右3mmは、断裁時に切り落とされます。)
・解像度:600dpi
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

◆圧縮タブ

・ダウンサンプリング:チェックを外す
・圧縮方法:ZLIB(ZIP)
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

◆フォントタブ【重要】

フォントの埋め込みに重要な設定です。
・使用されているすべてのフォントを埋め込む:チェックをつける
・埋め込みができなかったフォントがあった場合の処理
PDF作成をキャンセルする:チェックをつける
※フォントの埋め込みができなかった場合は、PDFが作成されませんので、別のフォントをご使用ください。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

◆セキュリティタブ

全ての項目:チェックを外す
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

◆透かしタブ

「なし」にチェックをつける
上記設定が終わったら「名前をつけて保存」をクリック。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

5)設定ファイルを保存する

「名前をつけて保存」をクリックすると、以下のように「設定ファイルの保存」のダイアログが表示されるので、データごとにファイル名をつけて保存する。(ここでは「7枚つづり」としました) ※テンプレートは、7枚または13枚つづりです。必ず「表1→1ヶ月目(1・2ヶ月目)→2ヶ月目(3・4ヶ月目)…12ヶ月目(11・12ヶ月目)」の順番で保存してください。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

6)保存したファイルを選択する

先ほど名前をつけて保存したもの(ここでは「表紙」)を選択して「OK」をクリックする。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

 

7)PDF変換を開始する

[印刷]に戻るので「OK」をクリックするとPDF変換が開始されます。
※PDFファイル名は、「7枚つづり」「13枚つづり」が判る名前で保存してください。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

 

PDFデータ(いきなりPDF変換)のご留意事項

「いきなりPDF」で作成したPDFデータは、Illustratorのような印刷専門ソフトで作成したPDFデータではないため、ご了解いただきたい事項があります。事前にご確認をお願いいたします。

 

●色合いについて(RGBとCMYK)

「いきなりPDF」はRGBカラーのみを扱うPDF変換ソフトウェアです。
「いきなりPDF」は一般ユーザが使用されるソフトのため、作成したPDFデータは、印刷用に用いられる「CMYK」(色の三原色)ではなく、モニターや家庭用プリンタで表現される「RGB」(光の三原色)に変換されています。
そこで、当社でカラーモードを「RGB」から印刷用の「CMYK」に変換する時に、色合いが変わる場合があります。一般的に「RGB」のほうが「CMYK」よりも表現できる色域が多いために、「RGB」でしか表現できない鮮やかな色彩は、くすんだ色になってしまう傾向にあります。「RGB」の色を再現することは難しいことを、あらかじめご了承ください。

 

●透過効果等の使用について

透過性や半透明効果を使用した表現(パターンやグラデーションなど)は、PDF変換に不具合が生じることがあります。校正時に不具合に見えない場合でも、印刷段階で不具合が生じるため、ご送付いただくデータには、これらの表現を使用をされないようご注意ください。

 

●当社確認資料のご送付について

お客様がデータに使用されたフォント(書体)が当社に無い場合、事前の設定が異なる際には、他のフォントに置き換わり、レイアウトが崩れることがあります。
そのため当社確認資料として、もとデータのプリントスクリーンをWordに貼り付けしたデータを、必ず一緒にご送付ください。■確認資料 プリントスクリーンについて

 

●校正データ作成後の見積もりについて

当社ではPDFデータご入稿のお客様には、印刷工程の前に確認用データを送付し、校正確認をいただいております。
このタイミングでいただいた変更、加工のご要望に対しては、あらたにお見積りをさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 

 

確認資料 プリントスクリーンについて

パソコンで現在表示されている画面をコピーすることをプリントスクリーン(Print Screen)といいます。
お客様のパソコン画面にデータが映っている状態をそのままコピーしたものです。当社で確認作業をするために必要になるため、以下の方法で作成ください。

STEP1 撮りたいデータを画面上に全て写る様に表示する

プリントスクリーンで撮りたいデータを、画面上に100%で表示する。
卓上カレンダー屋さんは、オリジナルカレンダーをお客様がつくられたオリジナルデザイン・写真を表紙に使い印刷します。

STEP2 Print Screenキーを1回押す

方法はキーボードのPrint Screenキーを1回押してください。これでパソコンに記憶されます 。
◆キーの場所は?
 ・デスクトップ型キーボードの一例
 ←↑→が並んでいる上のF12の右となり
 ※「Print Screen」が「Insert」キーなどと共有になっている場合があります。
 ※表記がPrtSc、PrtScr、Print Screen等もございます。
 ※「Fn」キーの文字色を確認し、同色なら「Fn」キーを押しながら、「Print Screen」を押します。
◆OSがWindows7の場合
 ・上記と同様に「Fn」キーを押しながら、「Print Screen」を押します。

STEP3 Wordにデータを貼り付ける

新規でwordを開き、Print Screenしたデータを貼り付け(ペースト)します。

カレンダーデータは7枚または13枚つづりとなります。
入稿データは表紙を先頭に1ヶ月目(または1・2ヶ月目)から順番に貼り付け、すべてのデータを確認できるようにお願いします。